公演ラインナップ 編集
 2019年
12月
 1
 詳細
 2
 
 3
 
 4
 
 5
 
 6
 
 7
 詳細
 8
 詳細
 9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 詳細
22
 
23 天皇誕生日
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 詳細
29
 
30
 
31
 
日 付題 名
  12月1日(日) スミレ座『襤褸 waltz』
  12月7日(土) Blue Earth Theater Company 第二回公演『お気に入りの楽園』
  12月8日(日) Blue Earth Theater Company 第二回公演『お気に入りの楽園』
  12月21日(土) 演劇ユニットかたすみ 第1回公演『楽屋−流れ去るものはやがてなつかしき−』
  12月28日(土) 茨木童子プレゼンツ「授業」

 2019年12月1日(日)  スミレ座『襤褸 waltz』
11月30日(土)15時、19時
12月01日(日)15時

料金
予約 ¥2,500
当日 ¥3,000


出演
荒木菫
木村佐和子
岩崎佐和
フルカワタカシ
ぺっぺ
夏女
のりまきのりこ
吉本千穂
Tomaz
闇色鍵盤

遠山貴志(コントラバス)
山口幸子(アコーディオン)

構成/演出 荒木菫
脚本 荒木菫、北原諒
照明 じゅんいち
映像 森山雅夫
美術 玉置稔
写真 秋久秀雄
宣伝美術 monkeys
協力 脇本薺、イカロスの森
▲top
 2019年12月7日(土)  Blue Earth Theater Company 第二回公演『お気に入りの楽園』
ある療養施設のお話。
ここには、様々な事情を抱えた人たちが
診療を兼ねて入所している。
ここを『楽園』として
日々の業務に精を出す女医の春(はる)
と看護師の英子(えいこ)。
しかしこの二人にもある事情が…
ここは…
誰のための『楽園』…


作:坂本みゆ 演出:さいとうつかさ

キャスト:
み  お(B.E.T.C)
神埼 真(B.E.T.C)
凛旺雅子(B.E.T.C)
mana(B.E.T.C)
中村容子(B.E.T.C)
槙あかね(フリー)

スタッフ:
照明 堀越美草
音響 坂本恵美

スケジュール:
12月7日 土曜日 15:00/19:00
12月8日 日曜日 13:00/17:00
※開場は開演の30分前です

料金:
2500円(前売り/当日共に)
▲top
 2019年12月8日(日)  Blue Earth Theater Company 第二回公演『お気に入りの楽園』
スケジュール:
12月7日 土曜日 15:00/19:00
12月8日 日曜日 13:00/17:00
※開場は開演の30分前です

料金:
2500円(前売り/当日共に)
▲top
 2019年12月21日(土)  演劇ユニットかたすみ 第1回公演『楽屋−流れ去るものはやがてなつかしき−』
脚本 清水邦夫
演出 夕霧はな(演劇ユニット かたすみ)


ここはチェーホフ作「かもめ」の公演中の楽屋。主演ニーナ役の女優Cは台詞を復唱し出番を待つ。女優Aと女優Bは滑稽な程メイクに没頭している。そこに何故か枕を抱えた女優Dがやってきて……。
これは“女優”に囚われて生きる4人の女優の話。
「わたしは…かもめ。いいえ、そうじゃない、」


キャスト
勿忘草(演劇研究会はちの巣座)
ワダモエミ(演劇研究会はちの巣座)
志賀びわ子(演劇研究会はちの巣座/演劇集団ビワコボスゴリラ)
鶴隹(演劇研究会はちの巣座)

日時
12月21日(土)11:00〜/14:30〜/18:00〜
※計3ステージ
※開場は開演の20分前を予定しております

料金
予約:1000円 当日:1200円

予約
https://ticket.corich.jp/apply/103428/

お問い合わせ
Twitter
@katasumi_engeki
Mail
katasumien1@gmail.com
▲top
 2019年12月28日(土)  茨木童子プレゼンツ「授業」
茨木童子プレゼンツ
イヨネスコ生誕百十年記念公演
異聞 La Leçon 〜授業〜
いうほどのことはない


12月14日(土)
12月28日(土) 神戸 イカロスの森←※日時変更となりました

12月22日(日) 大阪 OVAL THEATER
12月23日(月) 大阪 OVAL THEATER

開場 18:30  開演 19:00
前売 3,000円  当日 3,500円

茨木童子 園田郁実 IZUMI

原作 イヨネスコ
改編・演出 ヨコヤマミツオ
舞台監督 若浦宗八
照明 じゅんいち
音響 津曲純浩
映像 森山雅夫
写真 秋久秀雄
制作スタッフ 脇本薺
制作 玉置稔
▲top
CGI-design